肝機能低下にしじみ。協和発酵バイオの500円おためし「オルチニン」

協和発酵バイオが開発した「オルニチン」は、最近のテレビコマーシャルでもよく見かけます。
40代、50代の働き盛りと言われる年代の人に、お勧めのサプリメントです。

20代などの若くて元気な頃には、全く感じなかった疲れがきになっている年代ですね。

働きすぎではないと思うのに、昨日の疲れが抜けていない不快感を引きずっての仕事は、
気分爽快とは行かずに苦痛にもなりかねません。

仕事も遊びもパワフルに気持ちよく動きたいもの。

そんな悩みの元は「アミノ酸」不足にあるようです。
私達人間の体の20%を支えてくれているアミノ酸。
健康維持はもちろん、美容等にも深く関わっています。

医療原料メーカーの協和発酵バイオは、アミノ酸の研究を続ける中で、
500種類ものアミノ酸の中でも特別な一つのアミノ酸に注目したようです。

それが「オルチニン」。
特に多く含まれているのが「シジミ」です。

コマーシャルでもこのシジミの濃い凝縮液が、
非常に飲みづらいことを伝えていますよね。

毎朝、シジミ汁を摂るのは大変ですが、
発酵技術の優れた協和発酵バイオは手軽にサプリメントとして開発。

1粒でシジミ300個分のオルチニンを摂れるとか。
凄い量ですね。300個分のシジミって。

たまには朝のしじみの味噌汁も気分転換には良いでしょうから、
「オルニチン」を摂りながら味噌汁も飲んでみましょうか。